住宅ローンは変動金利と固定金利どちらがいいの?

変動金利と固定金利、、どっちがいいの?

住宅ローンには2択あります。
それが固定金利と変動金利と言うものです。
簡単に説明してしまうと、固定金利の場合、金利はいつまで立っても一律で、変わりないお金のことを言います。
しかし変動金利はその名の通り変動しますから、ボーナス払いで一気に払ったり、その分通常の金利は安くなるというようなものです。

さて、この固定金利と変動金利、どちらが得をするのでしょうか。

固定金利であれば、借り入れの段階で総返済額が分かるので、非常に分かりやすい返済計画を立てることが出来ます。
将来、金利が上がったとしてもその影響は受けませんから、普段の生活を続けることが出来ます。

変動金利の場合は、年に2回金利の見直しがあります。
固定金利よりも金利は低く、金利優遇キャンペーンなども行っていることが多く、比較的軽い金利でローンを組むことが出来ます。

ここでどちらのローンを組めば良いのか迷うところですが、変動金利の場合、必ずしも将来金利が下がるとは限らないので、もしくは上がる可能性もありますから、非常にリスキーではあります。
しかしフラット35などの借り易いローンもありますから、検討する必要はあります。
固定金利は若干変動金利より高いままで金利が下がっても金利は固定されているので損をするように見えますが、着実に返していくのであれば固定金利のほうが安心感はあるかもしれません。

この固定金利と変動金利、どちらが良いのか、といつの時代も言われていますが、戸建てとマンションどちらがよいのかと同じく永遠の課題でもあります。
どちらもメリットとデメリットがありますから、自分の仕事のスタンスとバランスを考えてローンを組みましょう。

結論的に、住宅ローンは変動と固定 どちらがいい?

結論的に言うとなると、変動金利は、固定金利よりも低くなることが多いですが、
変動により、固定金利よりも、高くなる可能性も十分に考えられます。
ですが、基本的に固定金利よりも引くときの方が多いです。

なので、安定性を求めるのであれば固定金利を選んだほうが堅実だと考えています。
しかしながら、低金利を求めるというのであれば、変動を選んでもいいでしょう。

こういった考え方で決めてしまっても問題はありません。