住宅の購入やリフォームで受けられる補助金について

住宅ローンで知っておきたい優遇される制度

住宅購入やリフォーム、マンション購入などで受けることが出来る補助金というものがあります。
これを知っておくと補助金によって補うことが出来るので、出費が減って大変便利です。

新築、中古物件を購入した場合で、10年以上ローンを組むと税が優遇を受けることが出来るのです。

例えば住宅ローン減税なら、ローン残高1%を控除してくれるというものがあります。
つまり年末に3000万円の物件を購入した場合は30万円が戻ってくるということになります。
しかし10年以上のローンを組む必要があることと、最大400万円までしか控除を受けることは出来ません。

また耐震診断などの支援制度も行われており、耐震診断を受けて、補助の必要があると判断されれば補助制度を受けることが出来るようになっています。
これは多くの自治体で制度化されています。
マンションなどにもこの制度が適応されるケースもあるようです。

またすまい給付金というものもあります。
消費税引き上げによって住宅取得者の負担緩和のため、最大30万円が現金で支払われるものです。
収入が低いほど給付額は高くなり、425万円が年収の世帯であれば30万円、475万円以下ならば20万円、510万円以下であれば10万円となっています。

基準は都度変わるようですから、国土交通省のホームページなどで確認するようにしましょう。
また給付の条件等もありますから、しっかりチェックしてもらえるものはもらっていきましょう。